同一市内 引越し

同一市内の引越し料金相場っていくらぐらいなのでしょうか?そもそも引越し料金は荷物の量と日にち(時期)で大半が決まると言われますが、距離や人件費、梱包資材費、保険代、オプション料金も算出します。同じ条件でも業者によって見積もりに差があります。

同一市内 引越し > 同一市内の引越し料金は安上がりなイメージでした

同一市内の引越し料金相場っていくらぐらいなのでしょうか?そもそも引越し料金は荷物の量と日にち(時期)で大半が決まると言われますが、距離や人件費、梱包資材費、保険代、オプション料金も算出します。同じ条件でも業者によって見積もりに差があります。

同一市内の引越し料金って安いんじゃないの?

同一市内の引越し料金って、そんなに高くないと思っている方が多いかと思いますが、引越し料金は荷物の量や日取り(繁忙期かどうか、土日か、午前午後か)で大半が決まります。



なので車で30分かからない距離だから、かなり安いんじゃないか?などと考えていると、予想よりも高い見積もりが出て驚いたなんて方が多いそうです。

それでも、同じ条件なら引越しはなるべく安く済ませたいですよね?

それなら沢山見積もりを取ることです。


でも

それって大変ですよね?


会社の異動など自分の理由だけでなく、急遽決まったりするんですよね。



そんな時に便利なのが、複数の業者の見積もりを無料で一括取得できるサービスなんです。


カンタンな引越し情報を入力するだけで、最大10社の見積もりをゲットすることができるんです。


あとは比較検討すれば良いだけなので、時間のない方に人気のサービスなんです。
↓ ↓ ↓
早速一番安い引越し業者を探してみる!!





 

無料でできる引越し一括見積りサービスの使い方

カンタンな引越し情報を入力って?
いったいどんなこと訊かれるの??


ちょっと不安に思う方がいらっしゃるかもしれませんので、キャプチャ画像でご紹介しますね。

【スマホで引越し侍を申し込む場合】

①はじめに
現住所の郵便番号
引越し先の都道府県
引越しタイプ(単身か家族)を入力



②次に現住所と、わかっていれば
引越し先の情報を入力



③決まっていれば引越し予定日を入力
※決まってなくても大丈夫です



④引越しの荷物が把握できていれば入力
※未入力でも大丈夫です


⑤最後に
お名前と電話番号、メールアドレスを入力



以上です。
たったこれだけの情報入力で、最大10社も見積もりが取れるなんて楽ですよね。

あとはゲットした見積もりを比較検討するだけです。
↓ ↓ ↓
無料サービスで一括見積もりしてみる!







 

引っ越し料金って何が基準で決まるの??

そもそも引越しの料金は

・荷物の量や距離による運賃
・人件費や梱包資材費
・保険代などの実費
・エアコンの着脱などのオプション料金
・平日か土日か仏滅か大安かなどの日取り
・1月の閑散期か3月の繁忙期かなどの時期

で決まります。
しかし、同じ条件でも業者によって差がでるんです。

賃貸なら敷金礼金、前家賃、火災保険料など何かとお金がかかるし、マイホームを購入したとあらば、余計な支出は抑えたいところ。引越し料金はなるべく安く済むように業者を選びたいものです。
↓ ↓ ↓
最安値の引越し業者を探してみる!!







 

同一市内の引越しは市役所に転居届を提出すれば良い

転出先と転入先が異なる市区町村への引越しには、転出先の役所で転出届を提出し、転出証明書を取得し、転入先の市役所に転入届を提出しなければなりませんが、同一市内の引越しでは、転居届を提出するだけで良いです。

私自身が練馬区内で引越しを二度経験しておりますが、その際も練馬区役所に転居届を提出するのみで済みました。同じ練馬区内での引越しだし、特に手続き要らないんじゃないの?などと考えたこともありましたが、区役所からの通知、例えば子ども手当や選挙のお知らせなどが届け先の住所に送られてきますので、同一市内の引越しといえ、きちんと届け出をする必要があるのです。

ちなみに転居届は引越し後に提出します。引越し前には書類は受理されませんので注意が必要です。同一市内の引越し後14日以内に手続きをしてください。この手続きをしないと過料を受ける場合もあるそうなので、同一市内引越し後、できるだけ速やかに済ませるようにしましょう。

ちなみにですが、住民基本台帳カード、国民健康保険、国民年金なども住所変更が必要で、市区町村役場の各窓口で手続きをおこなう必要があります。

アパートやマンションの部屋が変わっただけの場合でも転居届は必要です。同一市内という括りで考えるのではなく、同一市内で住所が変更したら提出するものと考えて下さい。

世帯主が手続きをする必要はありません。奥さんや成人の同居人であれば代理人で大丈夫です。手数料もかかりません。郵送での対応も可能のようです。

本人または世帯主申請の場合
・本人確認書類(運転免許証など)
・国民健康保険証、高齢者医療受給者証、乳幼児医療証など(該当者のみ)
・印鑑

代理人申請の場合
・委任状(申請本人の自署押印がされたもの)
・代理人自身の印鑑と本人確認書類

市区町村や引越しの形態によって手続きは変わりますので、市役所に向かう前に一度電話で確認すると良いでしょう。

同一市内の引越し体験談

私は練馬区内の同一市内引越しを二度経験しています。その時の体験談を書いてみますね。

まず一度目は結婚して実家から車で5分ほどの賃貸マンションに引越しました。荷物を運ぶ計画としては、私の荷物を全て運んで、その後日に妻の荷物を一度に運ぶものでした。私の荷物は布団、テレビ、洋服一式、アコスティックギター(反対されました)本、ゲーム、そんなところでした。冷蔵庫やガス代、電子レンジ、洗濯機、液晶テレビは入居後に購入することになっていたので、意外と荷物は少ないものです。二トントラック一台で簡単に済むものでした。

問題は妻の引越しでした。彼女は違う市から転入することになったのですが、思った以上に荷物が多い。その原因は洋服でした。女性の洋服は予想より多いものですね。私と同じように二トントラックを手配しておりましたので、それに詰める量だけ引っ越し業者さんに運んでもらい、無事新居に引越しを済ませたのです。

実家から初めて引越しをする時は意外と荷物が多いとおぼえておいてください。その大半は別に持っていかなくてもいいんじゃない?というものですが、本人からすると思い出のあるものだったりするので荷物は増えるのです。同一市内の引越しであれば、また後日取りにくるぐらいのつもりで、最低限必要なものだけを運ぶのが引越しのコツであり、オススメです。

さて、問題は二度目の同一市内の引越しでした。ありがたいことに授かった子供が3歳になり、一軒家を同一市内に購入。同一市内と言っても、車で30分ほど掛かる距離でしたが、問題は荷物の量でした。夫婦それぞれが2tトラック1台分ぐらいの荷物を持ってきて始めた生活ですが、そこに大型テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、沢山の食器が加わった他に、子供の洋服や、子供のおもちゃ、小さなものは良いですが、子供を囲むようなジャングルジムなどがかさばるのです。

単純に4トントラック1台で収まるはずが、全ての荷物を運ぶとなるとそうは行きませんでした。古い一軒家を購入し、それを100万円掛けて取り壊し、戸建てを新築したので、頭金の他にもラティスとウッドデッキがほしいと外構費用がかさみ郵便ポストもこだわりたいとお金を掛けて結果、大幅に予算オーバー。なので引越し料金ぐらいは安く済ませたいと引っ越し業者選びの際はすごく調べました。その結果が上記で紹介しました引越し侍を利用することでした。サカイ引越センターやアート引越しセンター、アーク引越センター、アリさんマーク、日通、クロネコヤマトなどなど、沢山の引っ越し業者から連絡をもらい見積もりしてもらいましたが、一番安い引っ越し業者を簡単に短時間で選べることができたのは本当に助かりました。

引越しは何かとお金が掛かります。新居に合うカーテンがほしいよねとか、トイレのマット、お風呂のマットを変えたいとか、思うわぬところでお金がかかるものです。

そのためにも同一市内の引っ越しに掛かる料金は、なるべく安く済ませるといいですよ。
↓ ↓ ↓
なるべくお金を掛けずに引越ししてみる!!




最近は同一市内に引っ越す方が多いと聞きます。何らかの理由で引越しことになったが、その土地、その町に馴染み、転居先も同一市内を選ぶのでしょうか。手続きが簡単で引越し代も割安なのも良いのでしょう。